トップページ > 院長のご挨拶
院長紹介

整形外科

院長 秋山浩二

骨や関節、皮膚などの異常を感じたら 整形外科 です

でも、「やっぱりよくわからない・・・」という方もご相談ください。 次のような症状が対象と考えられます。

  • 頚部痛、肩こり、腰痛、背部痛
  • 病気やケガによる手脚のしびれや疼痛
  • 四肢の神経痛(坐骨神経痛など)
  • 歩行時に脚がしびれる。痛みがある。力が入らないなど。
  • 脚のつけねの痛み(股関節部痛)
  • 膝痛、膝のぐらつき
  • 手指の奇形、変形
  • 足や足首の痛みや変形

リウマチ科

院長 秋山浩二

リウマチというのは関節・骨・軟骨・筋肉・腱・靭帯や結合組織などに腫れや痛みなど(これをリウマチの愁訴といいます)を認める、およそ100あまりの疾患をまとめて呼ぶ場合に使う名前です。 次のような症状が対象と考えられます。

  • 慢性関節リウマチ
  • 関節・筋・骨格系に異常を伴う疾患
  • 膠原病にともなう関節・筋・骨格系異常





リハビリテーション科

院長 秋山浩二

整形外科的な疾患を中心とした運動器疾患に対するリハビリテーションを行います。

関節可動域訓練 : 関節(拘縮)を動かし手足の動きを円滑にする訓練です。
物理療法 : 温熱、電気刺激、牽引などを利用し、痛みの軽減やリラクゼーションを促進します。

 

 

 

 

主なリハビリテーション対象疾患

  • 脊椎疾患(頸・腰)
  • 四肢の骨折・脱臼
  • 変形性股・膝関節症
  • 肩関節周囲炎
  • 末梢神経損傷
  • 脊髄損傷
  • 慢性関節リウマチ など